公文の高進度学習者賞として、子供がオブジェを貰ってきました

子供が公文の高進度学習者賞として、クリスタルのオブジェを貰ってきましたので、ご紹介します。

1.子供の公文の状況

我が家の子供は、幼稚園年長の1月から国語と算数の公文を習い始めました。

英語は、小学1年生の夏から始めています。

子供が、自ら進んで公文を勉強し始めるということは皆無なので、親としては毎日結構大変でした。

3年生の終わり(3月)に算数と国語を辞めてSAPIXに切り替えましたので、現在は英語のみ公文で習っています。

公文の子供との奮闘記については過去記事で紹介していますので、ご覧ください。

公文は効果があるのか?子供が3年間公文を習った口コミ

2.オブジェについて

公文では、3月末時点で、自分の学年より3学年以上先の教材を実施している生徒を対象に、高進度学習者賞として、クリスタルのオブジェがプレゼントされます。

今回、3月末時点で算数、国語、英語の3科目で、自分の学年より3学年以上進んだので、オブジェを3つ貰ってきました。

オブジェは下のような箱に梱包されています。

2019年のオブジェのでは、世界を股にかけて書く着した帆船が描かれています。

※公文では、英語、算数、国語以外にも、フランス語や、ドイツ語等も扱っています。

数学(青)エジプト王朝の帆船

英語(黄)ゴールデンハインド号

国語(緑)咸臨丸

30,000円の余分な出費

このオブジェを貰うために、30,000円程度の余分な出費をしました。

子供はSAPIX(学習塾)を3年生の2月から通い始めたので、3年生の1月のタイミングで公文は辞めてほしかったのですが、子供はオブジェが欲しいとのことで3年生の3月末までやりたいとのことでした。

子供が3年間頑張ってきたので、子供の意見を尊重してSAPIXと公文3教科の並走を行いました。

そのため、1教科7,560円×2教科×2か月=30,240円が余分な出費となりました。

結果、日々の公文で一杯いっぱいの子供が、宿題の量の多いSAPIXを同時にやるのはかなり無理がありました。

親としても子供の面倒を見るのが大変です。

ただし、子供がオブジェを貰って喜んでいたので、今後の自信にもつながると思い、大変でしたがやっておいて良かったなというのが感想です。

公文については過去記事で口コミを書いておりますので、ご覧ください。

お子様を公文に通わせるか、学習塾に通わせるかで迷っている方の参考になれば幸いです。

公文は効果があるのか?子供が3年間公文を習った口コミ

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です