dカードGOLDの発行で30,000円以上儲かる!

SBI証券でクレッジットカードの投信積立を設定しました

SBI証券でクレジッットカード決済による投信の積立サービスが始まりました。

今回、積み立ての設定を行いましたので、ご紹介します。

SBI証券のクレカ積み立てで+0.5%

SBI証券で三井住友カードを使って積み立てを行うと、投資信託の買い付け金額の0.5%分のポイントが貰えます。

例えば、5万円積み立てれば、250円相当(5万円×0.5%)のポイントが貰えることになります。

1年間5万円ずつ積み立てると3,000円相当(250ポイント×12ヵ月)のポイントになります。

投資をして0.5%は確実に儲かるので、普通に投資対象としては美味しいですね。

スタートダッシュキャンペーン

SBI証券では、クレジットカードを使った投信積立のサービスを開始するにあたって、キャンペーンを実施しています。

通常0.5%付与される所、今だと1.5%ポイントが付与されます。

※ゴールドカードは2%、プラチナカードは3%になります。

1.5%貯まるカード
  • 三井住友カード(NL)
  • 上記以外のVポイントが貯まるカード

積立のタイミング

積立の設定は、毎月10日に締め切り、買い付けは翌月の第1営業日に行います。

積立のタイミング
  • 設定締め切り:毎月10日
  • 買付日:翌月の第1営業日

先程紹介した、0.5%→1.5%の増量キャンペーンは、2021年の以下の期間が対象になります。

設定締切日 買付日
7月10日 8月2日
8月10日 9月1日
9月10日 10月1日
10月10日 11月1日
11月10日 12月1日
12月10日 1月5日

私は7月10日までに設定し忘れたので、8月10日締め切りで9月1日から買い付けになります。

クレカ積立の設定方法

クレカ積立の設定方法は、SBI証券のHPをご覧ください。

以下の画像のように分かり易く、丁寧に説明されています。

クレジットカードの登録方法 (SBI証券HP)

設定した投資信託

今回、クレジットカードで積立投資する銘柄は、三菱UFJ国際投資信託の「eMAXIS NASDAQ100」です。

個人的に、世界に分散しないでアメリカだけで十分かなと思っており、インデックス投資で信託報酬の安い銘柄にしました。

米国の中でも、NYダウに比べると値動きは少し荒くなりますが、NASDAQ100のパフォーマンスが良いので選んでいます。

2009年12月末を100とした時の各指数の値動き

ただ、2000年からのITバブル崩壊の時は、とんでもなくNASDAQが下落していますが。。。

値動きが嫌いな方は、日本国債ファンドを選んでおけば、ほぼ値動きが無いため、積立投資した金額のポイント分だけ儲けることが出来ます。

積立投資の結果は、今後ブログに掲載していきます。

おとうふ

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です