ネオモバイル証券のメリットや活用方法をご紹介。手数料が安く、小額から取引可能。

2019年4月からサービスが開始された、ネオモバイル証券についてご紹介します。

これから投資を始めようと考えている人にとっては、手数料が安く、少額(1株)から取引が出来、「Tポイント」を使って株を買えるので、初心者に非常に魅力的な証券会社となっています。

また、優待クロス族の人にとっては、端株の手数料を安くすることが出来るのでメリットがあります。

この記事では、ネオモバイル証券の概要と活用方法についてご紹介します。

ネオモバイル証券とは?

ネオモバイル証券は、SBI証券とTポイントのCCCが協同で作った、スマホ向けの証券会社です。

SBI証券は、ネット証券で断トツナンバー1の証券会社になりますので、そこがTポイントのCCCと一緒に作った証券会社となると、安心して取引できます。

ネオモバイル証券は、スマホだけで口座開設や取引が出来るので、年配層というよりかは若年層をターゲットとした証券会社になります。

取引できる商品は?

ネオモバイル証券で取引できる商品は、非常にシンプルで以下の2つになります。

  1. 国内株式
  2. ウェルスナビ(ロボアドバイザー)

それぞれについて簡単に説明します。

①国内株式

ネオモバイル証券では国内株式を買うことが出来ます。

通常、国内株式の取引は単元株(100株)での取引が基本になりますが、ネオモバイル証券では単元株(100株)以外にも1株(端株)から国内株式を買うことが出来ます。

例えば、ヤフーの株価が280円だったとすると、通常100株単位ですので、28,000円での取引となります。

ネオモバイル証券でしたら、1株から取引出来ますので、280円で取引をすることが出来ます。

この様に、ネオモバイル証券では少額から取引をすることが出来ますので、これから株式の取引を始めようという人にとっては手を出しやすい金額かもしれません。

MEMO

ネオモバイル証券では、信用取引は出来ません

②ウェルスナビ

ウェルスナビは、預かり資産・運用者数が№1の人気ロボアドバイザーになります。

金融資産、年収等、6個の簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な運用をロボット(AI)が行ってくれます。

毎月1万円から積み立て投資を行うことが出来ますので、運用を考える時間は無いけれど長期に資産形成をしていきたいという方に向いています。

ウェルスナビはSBI証券でも取り扱っており、ネオモバイル証券ならではのメリットが無いため、ここでの説明は割愛します。

株式の購入代金は?

株式の購入代金は、通常証券会社に預けてある現金(MRF)で支払いますが、ネオモバイル証券の場合、「Tポイント」でも支払いが行えます。

「Tポイント」で投資が出来る(株を買える)という点が、他の証券会社にないネオモバイル証券のみの特徴となっています!

ネオモバイル証券では「Tポイント」を、1ポイント=1円として使うことが出来ますので、使い勝手も良いです。

「Tポイント」を使って株が購入できるので、投資を始めたいけれど損をするのは嫌だなと躊躇している人にとっても、ポイントなら損しても痛くないので、気軽に投資をすることができるのではないでしょうか。

例えば、先程のヤフーなんかも1株=280円でしたら、「Tポイント」の残りで1株ぐらい買えます。

その他の株式でも、1株500円以内で買える株式は大企業でも意外と多いです。

※株価は2019年4月24日時点

この金額でしたら、私の少額のTポイント残高でも買うことが出来ます。

「Tポイント」の使い方ですが、ネオモバイル証券にログイン後、「Tポイント」のID連携を行えば、今保有している「Tポイント」がネオモバイル証券の口座に反映されます。

普段の買い物で貯まった「Tポイント」で資産運用が出来るというのは非常に魅力的です。

入金方法について

株式を「Tポイント」ではなく、現金で買い付ける場合は、あらかじめ銀行口座からネオモバイル証券に入金しておきます。

銀行からの入金手続きは、振り込む銀行によって以下の通り手数料が異なります。

  1. 住信SBIネット銀行:手数料無料(即時入金)
  2. その他銀行:自分で負担

こう見ると、ネオモバイル証券で取引をする場合、振り込み手数料無料の住信SBIネット銀行は必須の銀行口座になります。

MEMO

住信SBIネット銀行の口座を作る場合、SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設+50,000円の振り替えだけで4,000円貰えるキャンペーンがありますので、参考にして下さい。

4,000円貰えるキャンペーン

手数料について

ネオモバイル証券の場合、1回ごとの取引で手数料がかかるわけではなく、1か月間の総取引金額で手数料が決定されます。

手数料と1カ月間の総取引金額の関係は以下の通りです。

50万円までの取引でしたら、月内に何回取引しても税込み216円しかかかりません。

上記の手数料でもネット証券と比べて安い水準ではありますが、ネオモバイル証券で取引していると毎月「Tポイント」が200ポイント貰えます。

そのため、手数料から「Tポイント」の200ポイント(200円相当)を差し引いた、実質的な手数料は以下のようになります。

上の表から分かる通り、50万円までの取引でしたら毎月実質16円の手数料で取引をすることが出来ます。

この手数料水準は、その他証券会社と比較しても、圧倒的な手数料の安さです。

手数料をSBI証券と比較

ネオモバイル証券の手数料を、ネット証券最安のSBI証券の国内株式の手数料と比較します。

下はSBI証券のスタンダードの手数料プランです。

5万円までの取引で最低の手数料は54円になります。

この時点でネオモバイル証券の方が手数料安くなります。

また、SBI証券にはスタンダードプラン以外にもアクティブプランという手数料があります。

下は、SBI証券のアクティブプラン(1日の売買合計金額)の手数料です。

1日の売買合計金額が10万円以下の場合は無料ですが、10万円を超えると20万円までで206円の手数料がかかります。

そのため、10万円以上取引する場合はネオモバイル証券の方が実質16円の手数料で済みますので安くなります。

また、SBI証券の場合は1日の売買合計金額で計算していきますが、ネオモバイル証券の場合1か月の合計金額で計算してくれるので、1か月のトータルで見るとさらにネオモバイル証券の手数料の安さが際立ちます。

そして端株を取引きする場合の手数料は、SBI証券の場合上記手数料と異なり高くなるので、ネオモバイル証券の方にメリットが出てきます。

端株の手数料をSBI証券と比較

SBI証券でも1株(端株)から取引をすることが出来ますが、手数料率は0.5%で最低手数料は54円と設定されています。

SBI証券以外の証券会社でも、1株(端株)の取引は最低でも手数料が50円程度かかります。

例えばヤフーの株を1株280円で買おうと思っても、54円の手数料がかかると手数料率は約18%になります。

売る時も同様の手数料(最低手数料54円)がかかりますので、端株の売買では儲けることは難しくなってしまいます。

その点、ネオモバイル証券では端株を月内に何度売買しても、50万円の取引金額まで実質16円の手数料で売買することが出来ますので、端株の取引でも売ったり買ったりして利益を出すことができるのではないでしょうか。

手数料の注意点

通常、手数料は株式を売買した時にかかってきますが、ネオモバイル証券の場合、月に1回も株式を売買しなくても216円の手数料がかかってきます。

その代わり、株式を売買しない月でも「Tポイント」を200ポイント貰えるので、実質的なコストは16円しかかかりません。

また、今後しばらく取引をすることがなさそうな時は、毎月手数料がかかるのを止めることも出来ます。

私の場合、手数料を開始したり止めたりするのが面倒なので、そのままにしようと思っています。

売買しなくても手数料はかかってきますが、「Tポイント」は貯まっていきますので、その「Tポイント」で端株を買っていく予定です。

手数料はクレジットカードから引き落とし

ネオモバイル証券の手数料は、「Tポイント」から充当することは出来ません。

手数料は、口座開設時に登録したクレジットカードから毎月自動的に支払いを行います。

例えば、月間で合計20万円程度の株式を売買したとしますと、手数料は216円になります。

この216円がクレジットカードから差し引かれます。

そのため、ネオモバイル証券ではクレジットカードが必須になりますので、還元率の良いクレジットカードを登録しておきましょう。

楽天カードでしたら、年会費無料で、利用金額の1%分のポイントが貯まるのでお得です。

楽天カードの発行と利用で1万円~2万円程度貰える方法がありますので、ご覧ください。

楽天カードの発行+利用で1万円以上貰う方法

続いては、ネオモバイル証券で貰える「Tポイント」についてご紹介します。

ネオモバイル証券で貰える「Tポイント」

手数料の項目で説明した通り、ネオモバイル証券で取引をしていると毎月手数料がかかりますが、毎月「Tポイント」を200ポイント貰うことが出来ます。

貰える「Tポイント」は、ファミリーマート等どこでも使えるわけではありません。

ネオモバイル証券で、株式の購入代金のみに使用することの出来る期間固定の「Tポイント」になります。

毎月「Tポイント」が200ポイント貯まりますので、1年間で2,400ポイントも貯まります。

これだけ「Tポイント」が貯まれば、端株の買い付け代金にも利用できるのではないでしょうか。

また、「Tポイント」で買った株式もいずれ売ると思うのですが、その際は売却代金は現金で受けとりますので最終的には「Tポイント」が現金になります。

そのため、ネオモバイル証券の「Tポイント」は簡単に現金化できる利便性の高いポイントになります。

ネオモバイル証券の活用方法

ネオモバイル証券の活用方法について、これから投資しようと考えている人とクロス族の人向けにご紹介します。

これから投資しようと考えている人向け

これから株式の投資を考えている人にとっては、ネオモバイル証券は最適ではないでしょうか。

理由は3点で

  1. 手数料が安い
  2. 1株単位で少額から取引出来る
  3. お金を使わないでTポイントで投資できる

 

1.手数料が安い

まず、月額の手数料が50万円まででしたら実質16円というのもコストが安いのでおススメです。

投資をしていくにあたっては、取引コストは損益に関わってきますので、重要なファクターです。

投資の成果を上げていくためにも手数料は安いにこしたことはありません。

2.1株から少額で投資が可能

投資の初めは勉強も重要ですが、まず取引してみてから慣れていくということも重要ですので、100株単位だけでなく1株(端株)で取引出来るというのは、メリットになります。

1株の投資でしたら損してもたかが知れています。

1株=280円で買ったヤフーの株も、例え20%下げたとしても、損失はたったの56円です。

そして手数料も月間で定額制なので、長期保有だけでなく、少額でも短期の売買が可能です。

まずは株式の取引になれる意味でも少額で取引出来るのはメリットです。

3.「Tポイント」で投資ができる

株式を買うのに「Tポイント」が使えるので、株を気軽に買えるのではないでしょうか。

実際のお金だと損するのが怖いという感情も出てくると思いますが、「Tポイント」でしたら減ってもそれほど痛くないので株式も買いやすいと思います。

以上の3点から、これから投資を始めようと考えている人にとって、ネオモバイル証券は最適ではないかと思います。

つなぎ売りをしている優待クロス族の方に

当ブログを普段から見てくださっている方は、つなぎ売りをしている方が多いと思います。

株主優待の最近の特徴として、つなぎ売り対策なのか株主優待の権利取りの条件に「長期保有」の条件を付ける会社が増えてきています。

そして、その傾向は今後ますます強くなってくると思われます。

長期保有の対策に必要なのが端株と空クロスになります。

そのため、つなぎ売りをしている方は端株を多数保有していると思いますし、今後も「長期保有」の条件が出るたびに端株を購入していく必要があります。

これまで説明してきましたが、端株は手数料が最低54円(SBI証券の場合)かかり、手数料率で考えるとかなりの割高です。

これを複数銘柄買っていけば手数料も馬鹿になりません。

つなぎ売りにとって取引コストをいかに低くするかというのが重要なので、端株の手数料も何とか抑えたいところです。

その点、ネオモバイル証券でしたら毎月実質16円のコストで端株が買い放題です。

例えば、SBI証券で年間に端株を20銘柄買えば、それだけで1,080円(54円×20銘柄)のコストになります。

ネオモバイル証券でしたら、年間に端株を20銘柄買っても、コストは192円(月間実質16円×12ヶ月)だけになります。

そのため、ネオモバイル証券の方がコストを抑えることが出来ます。

また、ネオモバイル証券で毎月貰える「Tポイント」は、端株の購入代金にあてます。

その他、2月優待の「ウェルシア」で「Tポイント」が貰えますので、端株を買うのに回すこともできます。

まとめ

ネオモバイル証券は、これから投資をしようと考えている人や優待クロス族の人にとってメリットの大きい証券会社になります。

通常の株式の売買だけでなく、端株を買う時の手数料も証券業界で最安の水準です。

また、「Tポイント」を使って株式を買えるので、気軽に取引をすることが出来ます。

ネオモバイル証券の口座開設は、スマホだけで簡単に行えます。

やることは、以下の3ステップだけです。

2019年5月17日まででしたら、口座開設するだけで「Tポイント」が200ポイント貰えますのでお得です。

下の画像からネオモバイル証券の口座開設が出来ます。

SBIネオモバイル証券

以上長文ではございましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です