dカードGOLDの発行で30,000円以上儲かる!

お茶の水女子大学附属小学校の一次抽選後のアンケートについて【過去問】

この記事では、お茶の水女子大学附属小学校を受験するにあたり、1次抽選後に行われるアンケート(願書?)についてご紹介します。

お茶の水女子大学附属小学校の受験を考えている方の参考になると幸いです。

お茶の水女子大学附属小学校の試験日程

お茶の水女子大学附属小学校は、以下のスケジュールで試験開始から終了まで1週間で行います。

  • 月曜日:抽選(1次抽選)
  • 月曜日:当選したらその日にアンケ―ト(800文字)を提出
  • 火曜日:4~7月生まれのテスト(2次試験)
  • 水曜日:8~11月生まれのテスト(2次試験)
  • 木曜日:12~3月生まれのテスト(2次試験)
  • 金曜日:2次試験合格発表、3次抽選

すさまじいスケジュールですね。

一次抽選から合格まで、1週間の間に3日間は学校に行く必要があるということになります。

次は、アンケートについて説明します。

お茶の水女子大学附属小学校のアンケート

1次抽選の倍率は8倍と言われており、なかなか当選しずらいですが、当選したらアンケート(800文字)をその後すぐ書くことになるので、ある程度の準備はしておきたいところです。

わかぎり21の説明会で、過去に出題された「お題」を教えてもらいましたので、ご紹介します。

2018年

子育てで難しいと感じたことを具体的なエピソードを添えて800字程度で記入してください。

2017年

早期教育についてどのようにお考えですか。またその考えを基にどのように子育てをしていますか。

2016年

小学校に入学するにあたって、しつけてきたことを3つ、そのうち1つについて具体的に述べてください。

2015年

お茶の水女子大学附属小学校を卒業する時、どのように育ってほしいか。現在家庭で取り組んでいることを踏まえてお書きください。

2014年

本校が公立小学校と異なる3点のうち、1つについてデメリットと思われる点とその点に関する考えを800時程度で記載してください。

過去のアンケートでは、以上の「お題」で作文を書くことになります。

本番は、お茶の水女子大学附属小学校の講堂で、白いマス目の無い用紙に書いていきます。

講堂では机を使うことが出来ますので、筑波のようにボードを使って書く練習はする必要がありません。

また、筑波と違って「持ち込みが可能」ですし、800字となると結構な量を書くことになるので、その場で考えるだけでなく、ある程度の事前準備をしていった方がよいと思います。

※公式に持ち込み可能としているわけではなく、持ち込みしていても何も言われないという事らしいです。

何を準備したら良いのか

当日どのような「お題」がでるのかは分かりませんが一応傾向があります。

2014年を除いた、2015年~2018年に関しては「子育て」や「しつけ」に関する「家庭の教育方針」がお題となっています。

2014年は、国立大学附属小学校のデメリットについて書く必要があります。

以下の事をあらかじめ書けるように準備しておけば良いのではないかと思います。

  • 家庭の教育方針(しつけ)
  • 教育方針に伴う具体的なエピソード
  • お茶の水女子大学附属小学校について
  • 国立小学校(実験校)のメリットデメリット

アンケートに書いた内容について、二次試験の保護者面接で聞かれることになります。

そのため、面接の時に効いて欲しいエピソードなども組み込んで書いていくと良いと思います。

お茶の水女子大学附属小学校のアンケートについて」の記事は以上になります。

最後までごラインただきまして、ありがとうございました。

 

筑波大学附属小学校

筑波大学付属の願書から試験までの流れ

筑波大学附属小学校の願書を貰ってきました

1次試験(抽選)の当日の流れ

2次試験の時間割表を貰ってきました

・2次試験の願書の並ぶ時間について(作成中)

・筑波大学附属小学校2次試験 親の当日の流れ(作成中)

わかぎり21での「2次試験対策講義」(総合授業編)

お茶の水女子大学附属小学校

・学校説明会に参加(内容の紹介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です