dカードGOLDの発行で30,000円以上儲かる!

【辛い?】大腸内視鏡検査を受けてきた感想

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けてきました。

私は病院嫌いで、今回の検査も凄く心配で憂鬱な気持ちで受けてきました。

心配だったのでグーグルで検索しても、病院スタッフのブログの記事が多いので、大腸内視鏡検査についてもあまりネガティブなことは書かれていませんでした。

そのため本音はどうなの?と心配だったので、そういった方の参考に少しでもなればと思い、今回大腸カメラを受けてきた体験談を紹介をします。

結論

・大腸検査は、静脈注射をすれば寝ているうちに終わるので楽

・前日に飲む下剤で、少しお腹が痛くなる

・当日飲む2リットルの水が少し大変

この記事を読んで欲しい方

・大腸内視鏡検査を受ける方

・大腸カメラを受けようか考えている方

大腸検査前日

食事

お昼までは何を食べてもOKでした。

夜ご飯は、9時までに素うどんかおかゆを食べるように指示がありました。

病院によっては検査食を渡されるところもあるみたいです。

21時~

夜9時~12時の間に下剤を飲みます。

下剤は、以下の2種類です。

ねっとりしたような粉だったので、バリウムみたいなのを想像していましたが、水に溶かしたらサラサラしていました。

味は凄く濃いポカリスエットです。

スポーツドリンクの味なので、200CC位でしたらグビグビ一気に飲み干せます。

飲み干した後は少し口の中や胃が気持ち悪かったので、水を飲みました。

9時20分ぐらいに飲みましたが、飲んだ後すぐにトイレにはなりません。

私は「いつトイレになるんだ」と身構えていましたが、この時は元気なので好きなことをして過ごした方が良いです。

2時間後の11時20分頃にトイレになり、1時間程トイレを出たり入ったりをしていました。

この時が下痢で一番お腹が痛くなるタイミングだと思います。

ただ、バリウムの後に飲む下剤の時よりは全然お腹が痛くならなかった印象です。

その後寝ましたが、夜中に2回ほどトイレで起きました。

朝起きてからも2回ほどトイレです。

このタイミングで、まだ出てくるものは透明にはなっていません。

当日

朝は食事は駄目ですが、水は飲んでOKです。

何も食べていませんがお腹はすきません。

8時

8時からバロスという消泡剤を飲みます。

これは20mlぐらいの飲み物なので一口で飲み終えられるので一瞬です。

そしてマグコロールという2リットルの液体を2時間かけて飲んで行きます。

※イメージ図

液体は薄いスポーツドリンクのような味なので、すごく飲みにくいことは無いです。

それでも美味しくは無いですが・・・

この液体はもう弱い下剤なのか、飲んでもお腹が痛くなることはありませんでした。

2時間で2リットルは結構な量を飲まないといけないので計算しながら飲んでいました。

1時間で1リットル

30分で500ml

15分で250ml

私は15分で250mlのペースで飲んで行きました。

MEMO

私は2リットル飲み切りましたが、出るものが透明になっていればそこで飲むのを中断してOKと言われていました。

1時間1リットル位までは余裕で調子が良かったのですが、1リットルを超えたあたりからお腹も大分タプタプになってくるので飲むペースも少しきつくなってきます。

15分のリミット時間が近づいてくるタイミングで一気飲みしていました。

そして、毎回液体を注ぐときに良く振ってから注いだ方が良いです。

最初だけよく混ぜたのですが、その後振らないで飲んでいたら、最後の1杯がもの凄く濃くなっていて飲むのがきつかったです。

この味が受け付けず、一番きつかったかもしれません。

水で薄めると飲む量も増えるので悩みましたが、結局もう一回その量だけ水で薄めたところ当初の大分飲みやすい味になったので何とか飲み干すことができました。

その後、ずっとトイレに入り続けているということは無く、たまにトイレになって小のような大が出続けて透明になります。

この時は全然お腹も痛くないです。

胃が少しムカムカするぐらいです。

そして下痢のような感じもありませんので、好きなことをしながら時間を過ごすことができます。

私は13時40分から検査でしたが、この頃にはもう出尽くしたのか、トイレに駆け込むということは一切なりませんでした。

そのため、家から病院に行くまでにトイレになったらどうしようとかなり心配していましたが、特段心配する必要はないと思います。

※病院からはオムツか替えのパンツを持ってくるように言われていたので、替えのパンツを持っていきましたが私の場合は不要でした。

そして、2リットルの液体に栄養が入っているのか知りませんが、朝昼とご飯を抜いていますが全然お腹もすきません。

大腸内視鏡検査

病院で受けた大腸内視鏡検査についての紹介です。

着替え

病院に着いたら熱を測って問題ないことを確認した後、手術着みたいなのに着替えます。

おしりの所に紐が付いていてるズボンで、服を脱がずに大腸検査が出来る仕組みになっています。

静脈注射

総合病院だったので、スタッフの数も多く、3人から4人位の人が居たと思います。

ベッドのような診察台に横になった後、点滴の注射針を打ち、静脈注射を行います。

静脈注射は打っても打たなくても、どちらでも良いらしいですが、私は寝ているうちに終わっててほしいので打ってもらいました。

病院のスタッフの方に聞くと、静脈注射を打つ人は半々らしいです。

検査

静脈注射を打った後は、直ぐに寝ていたみたいです。

大腸カメラを挿入したタイミングなど、全く記憶がありません。

このまま検査終わりまで意識ない状態が続いて欲しかったのですが、検査の途中(終わりの方)で意識は戻ってきました。

腸に空気を入れているのかお腹がパンパンで苦しいという感覚でしたが、意識は朦朧としていましたので苦しくて辛いという所まではいきません。

そんな感じで、検査もあっという間に終わりました。

検査後に、うろ覚えですが静脈注射を打ったところから違う薬剤を入れていました。

その薬が投与されてから、意識が大分はっきりしてきます。

少しの間ベッドで安静にした後、検査結果を聞きに行きました。

検査結果も大したことが無かったので、安心しました。

まとめ

大腸検査を初めて受けるので、病院嫌いの私は心配になっていましたが、やって見るとそこまでの心配はいらなかったという感想です。

まとめ

・大腸検査は、静脈注射をすれば寝ているうちに終わるので楽

・前日に飲む下剤で、少しお腹が痛くなる

・当日飲む2リットルの水が少し大変

あくまでも個人的な感想ですので、人によって下剤でお腹が痛くなったり、薬の味が合わない等はあると思いますのでご注意ください。

「大腸内視鏡検査」の紹介は以上になります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

2 Comments

さわ

胃内視鏡検査は経験あるのですが、大腸も同じような
感じなのですね。
前日から腸をきれいにするのが大変そうですが。
参考になりました。

返信する
おとうふ

さわさん

コメントありがとうございます(^^♪
ご参考になってみたいで良かったです。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です