dカードGOLDの発行で30,000円以上儲かる!

国立小学校の受験をおすすめする理由!費用が安く教育環境が良い

この記事では、管理人の子供が国立小学校を受験した経験を基に、国立小学校の魅力を伝えていきます。

これから国立小学校の受験をしようと考えている人の参考になれば幸いです。

また、幼稚園生や保育園のお子様をお持ちの方は、国立小学校を受験するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

MEMO

この記事では、茗荷谷にある3校(筑波大学附属小学校、お茶の水女子大学附属小学校、学芸大学附属竹早小学校)を想定して記事を書いています。友人が、子供を上記国立小学校に通わせているため、友人からの話も一部参考に作っています。

注意

この記事はあくまでも管理人が、友人や「わかぎり21」の受験対策で聞いた内容、インターエデュという掲示板に書かれている内容を基に作成しておりますので、実際経験したことではありません。そのため、管理人がメリットだと思っている内容を紹介していますが、間違っている部分もあるという目で見て下さい。

まずメリットから書いていきます。

1-1.授業料が安い

1番目に、授業料が安いというメリットを持ってきました。

子供に良い教育を受けさせたいという気持ちがあっても、家計を破綻させるような金額になってくるとそれは難しい選択肢になってきます。

例えば、私立小学校に行かせるというのがその最たる例ではないでしょうか。

私立小学校になると、学校によってかなり学費が異なってきますが、年間100万円程の費用がかかってきます。

一人っ子ならまだサラリーマンでも何とかなるかもしれませんが、子供が二人で毎年200万円となってくると、かなり厳しいのではないでしょうか。

これは最低限の金額であり、ここに更に習い事の費用が乗ってくると、凄まじい金額になってきます・・・

そんな中、国立小学校は良い教育環境にもかかわらず、費用は私立小学校に比べて格段に安くなります。

下に、国立小学校の授業料を載せておきます。

初年度

  • 筑波:26万円
  • 竹早:10万円
  • お茶:45万円

2年目以降

  • 筑波:11万円
  • 竹早:8万円
  • お茶:20万円

※授業料については「お受験じょうほう」というサイトを参考にしました。

初年度の負担は少し大きいですが、2年目以降の金額でしたら、サラリーマンでも十分何とかなる金額ではないでしょうか。

特に、竹早小学校の学費は魅力的です。

1-2.先生の質が高い(教育環境が良い)

国立小学校には、意識レベルが高くベテランの先生が多いです。

学校説明会や願書を貰いに学校に行きましたが、新卒のような先生はいなく、ある程度キャリアを積んできたであろう先生が多いです。

国立小学校は教育研究機関であり、先生が研究成果を本にして発表したり、他の公立小学校の先生に授業風景を見せて発表することからも、公立には無い先進的な授業を行っています。

そして、当然そのようなことを行っている先生の意識レベルは高く優秀です。

もちろん、公立小学校にも優秀な先生は沢山いらっしゃいますが、国立小学校の場合そういう先生の比率が高いということです。

そのような優秀な先生に習えるというのは、子供にとっても非常にメリットになります。

1-3.先進的な授業

国立小学校では、公立学校には無い先進的な授業を受けることが出来ます。

筑波大学附属小学校の授業は、全国の先生の見本となるような授業を実施しています。

下の画像は、筑波大学附属小学校の公開授業の様子です。

舞台で公開授業が行われ、観覧席の方に座っているのは全国各地から来た先生になります。

現在の小学校教育の問題点を改善し、将来全国の公立小学校が取り入れるであろう授業を受けることが出来るのは、子供にとってメリットになってくると思います。

1-4.専科教科制

小学校高学年になってくると、中学校のように専門教科の先生が授業を行ってくれます。

理科は理科の先生、社会は社会の先生に授業を習うことが出来ます。

1年生の授業内容でしたら問題ないと思いますが、4~6年生の高度な授業科目を全て同じ先生が教えるとなると、先生の負担はどうしても重くなり、授業内容も浅くなりやすくなるのではないでしょうか。

専科教科制で、先生が専門の科目を担当することにより、授業レベルが高く子供達が興味を持つような工夫を凝らした授業が可能になってきます。

1-5.優秀な子供たちが多い

国立小学校の生徒たちは、厳しい試験を経て選ばれています。

二次試験の倍率をみても、以下のように高倍率となっています。

  • 筑波大学附属小学校:10倍
  • 学芸大学附属竹早小学校:8倍
  • お茶の水:4倍

竹早とお茶の水はペーパー試験が無い学校なので、勉強が出来るという点は分かりませんが、少なくとも先生が研究をしていくにあたって、授業がやり易い子供が選ばれています。

優秀な子供たちと一緒に学べる環境は、子供にとっても良い刺激になるのではないでしょうか。

また、学級崩壊や問題児の対応に先生の時間が取られる等が無く、先生がスムーズに授業を行える環境が整っていると思えます。

1-6.親が教育熱心

小学校受験がスタンダードではない中、子供に小学校受験をさせて、国立小学校に通わせたいと思っているので教育熱心な親が多いです。

そのため、子供のしつけ等もしっかりされているご家庭が多く、子供同士のトラブルというものも少ないのではないでしょうか。

また、内部進学をするにあたっては子供の成績、生活態度以外にも、親がクレーマーだと学校側も上(中学校)に推薦しませんよね。

そうなってくると、保護者より学校側の方が立場的にも強くなり、先生が変な保護者に時間を取られるということもなく、子供の教育に集中することが出来ます。

また、元々良識を持った保護者が多く、学校の教育方針に賛同しているので、変なトラブルは少なそうです。

1-7.中学受験をしなくても良い

これは学校や、性別によっても異なりますが、中学受験をしなくても8割は内部進学で上(中学校)にあがることが可能です。

四谷大塚の中学校の偏差値表を見ても、国立中学校は以下の通り非常に高い偏差値となっています。※2019年12月時点

  • 筑波(男子):66
  • 筑波(女子):69
  • 竹早(男子):58
  • 竹早(女子):58
  • お茶(男子):50
  • お茶(女子):67

この偏差値帯の学校に、壮絶な中学受験をしないでも入れるというのは魅力的です。

※お茶の水の男子だけは、高校に内部進学することが出来ないため(高校が女子高)、人気が無く偏差値が低くなっています。

高校まで内部進学(7割程度?)のし易い、筑波の男女、御茶ノ水の女子で特に偏差値が高くなっています。

竹早に関しては、学芸大学附属高校に内部進学することも可能ですが、学芸大学附属中学校の各中学校(竹早、小金井、世田谷)と内部進学の枠を競わなくてはいけないので、内部進学のハードルが高くなります。

そして、外部受験で入ってくる子供達の実績もありますが、学芸大学付属高校と筑波大学附属高校は東京大学合格実績上位の常連です。

12位:学芸大学附属高校:44名

18位:筑波大学附属高校:31名

※2019年実績

MEMO

時代が異なるので今は分かりませんが、管理人の友人で学芸大学附属高校の卒業生(東大進学)がいます。その友人曰くは、東大に入った人は、内部と外部で半々程度とのことです。

1-8.外部受験にも環境は良い

教育熱心な親が多いので、内部進学、外部進学に関わらず子供を塾に行かせている親が多いです。

そのため、成績の良い子供が多いですし、そのような環境では子供も塾に行くのが普通の事と思えるようになります。

筑波小学校と竹早では8割が中学校に内部進学をしますが、1割は成績が悪く上がれない子供達で、残りの1割は更に上のレベルの学校を目指して外部受験をするそうです。

また、お茶小の男子はほぼ中学受験をしますが、御三家等進学先がかなり良いらしいです。

去年の男子は筑駒1、御三家6、駒東1、そのほかK、W大学附属が4名程度+他校だったと思います。

出典:インターエデュ掲示板

そうなってくると、SAPIXのαレベルの子供たちがゴロゴロいることになりますので、子供にとっても勉強面で良い刺激になります。

国立小学校のメリットについては、以上になります。

続きまして、国立小学校のデメリットについても書いていきます。

2-1.学校が遠い

学校が徒歩圏内ではない人は、電車やバスなどの交通機関を使って通学することになります。

子供にとって、毎日満員電車に乗って通学するのはかなりの負担になってきます。

1年生のゴールデンウィーク前までは親が送り迎えをする必要があるので、親の負担も重そうです。

また、東日本大震災のようなことがあり交通機関がマヒしてしまうと、子供が自力で帰ることも出来なくなるので、親としては心配ではないでしょうか。

2-2.親の出番が多い

これは学校の説明会でも、親の出番は多いということは各校に念を押して言っていました。

特に、筑波大学付属小学校は若桐会(PTA)の役員を2回もやらなくてはいけません。

筑波の文化祭等も親が中心となって行っていますので、保護者の負担は相当なものになると思います。

筑波の2次試験に出る親の作文でも「仕事をしていても学校の役員はやることについてどう思うか?」という題材が出てきますので、仕事があるから出来ませんというのは中々難しいです。

わかぎり21では、「国立小学校は教育環境が良いにも関わらず、学費が私立小学校に比べてかなり安くなっています。その差は、親の学校への協力で埋めているのです」と言っていました。

2-3.必ずしも内部進学できる訳ではない

筑波、竹早、御茶ノ水とも高校まで内部進学することが出来ますが、内部進学できる枠があるので全員が内部進学できる訳ではありません。

筑波大学附属小学校

小学校→中学校に8割、

中学校→高校に8割

竹早

小学校→中学校に8割

中学校→高校に5割

※学芸大学附属中学の3校(竹早、小金井、世田谷)でテストを行い、200名が高校に内部進学出来ます。

御茶ノ水

小学校→中学校に9割(女子)

※男子は高校が無いため、中高一貫校に外部受験する人が多い。

中学校→高校に7割5分(女子)

上記のように国立小学校の場合は、全員が内部進学できる訳ではないので、内部進学できるように学校の勉強だけではなく、塾に通ってある一定レベルの学力を身に付ける必要はあります。

ただ、中学校・高校から外部受験をして入学するよりは、内部進学の方が負担が少ないですし、楽だと思います。

まとめ

国立小学校は、先生の質や生徒の質を含めて教育環境が良いにも関わらず、私立に比べて安い学費で通わせることが出来ます。

また、中学、高校から入学するにはかなり高い偏差値が必要のある学校に、内部進学することが出来ますので、子供の将来を考えると非常にメリットのある学校になります。

親の負担が多いなどのデメリットはありますが、そこは子供の将来のためと思って頑張りましょう。

そして、国立小学校を目指して家族一丸となって頑張ることで、子供は国立、公立に進学するにしろ良い小学校生活をスタートできるだけの実力が身に着くのではないでしょうか。

我が家の子供は、わかぎり21、こぐま会で受けた筑波の模試判定でオールAを貰っていましたが、残念ながらご縁は頂くことは出来ませんでした。

ただ、それでもやってきたことが無駄になっている事は無く、先日受けたSAPIXの入塾テストでも偏差値64と順調なスタートを切ることが出来ています。

【小1】SAPIX入塾テストに合格。勉強してきたこと等紹介

以上、私が考える国立小学校のメリット、デメリットです。

今後、国立小学校を受験した経験は、記事にしていきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です