【ノーリスク】SBI証券の口座開設&入金で10,000円相当貰える

【2021年12月末】積立投資信託の投資結果

SBI証券と楽天証券でクレジットカードを使った投資信託の積立を行っています。

また、dポイントを利用した日興フロッギーでの投資も行っており、積立投資の結果についてご紹介しています。

積立投資の内容

積立投資の中身については、NASDAQ100にほぼ投資しています。

NASDAQ100は過去1年〜30年を見ても、S&P500、世界株よりもパフォーマンスが良かったので、NASDAQ100にしています。

【価格推移の比較】世界株、NYダウ、NASDAQ100、S&P500、日経平均

SBI証券と楽天証券では、三菱UFJ国際-eMAXIS NASDAQ100インデックスを毎月5万円積立購入しています。

楽天証券のSPU対策として、NYダウを500ポイント積立購入しています。

日興フロッギーでは、NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信 (証券コード1545)を毎日2,000円程購入しています。

積立投資の結果

それぞれの積立の結果です。

証券会社 投資金額 評価額 損益 損益率
SBI証券 NASDAQ ¥200,000 ¥218,114 +18,114 +9.06%
楽天証券 NASDAQ ¥203,968 ¥218,665 +14,697 +7.21%
楽天証券 NYダウ ¥56,593 ¥69,907 +13,314 +23.53%
楽天証券 妻 NASDAQ ¥100,000 ¥102,075 +2,075 +2.08%
日興フロッギー NASDAQ ¥294,499 ¥328,943 +34,444 +11.70%
合計 ¥855,060 ¥937,704 +82,644 +9.67%

まだ1年も投資していないで+9,67%も上昇しているので、パフォーマンスが良いですね。

積立投資の魅力は、楽さですね。

何も考えずにドルコスト平均法で投資していくので、本当にほったらかしで楽です。

結果論ですが、それでクロス取引より良いパフォーマンスを出してくれるのであれば、本当に魅力的です。

また、SBI証券と楽天証券の積立投資については、クレジットカードを使って投資をしているので、投資金額に対してSBI証券で0.5%、楽天証券で1%分のポイントが貰えています。

これから積立投資をする方へ

これからクレジットカードを使った積立投資をする方でしたら、以下を準備する必要があります。

準備するもの

・SBI証券の口座

・三井住友カード

・楽天証券の口座

・楽天カード

上記を用意する場合、そのまま各社のHPで口座開設せずに、必ずポイントサイトを通して口座開設しましょう。

普通に口座開設するよりも、ポイントサイトのポイント分多く貰えるので得ですよ。

【まとめ】SBI証券で口座開設を1番お得にする方法 キャンペーン比較 【キャンペーン】楽天証券の口座開設&入金で11,000円相当! 【高額案件!】楽天カードの発行&1回利用で19,000円相当が貰える!

ハピタスは紹介経由で会員登録するとキャンペーンがありますが、

以下の画像からのアクセスで、紹介経由の会員登録が出来ます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

投資信託の積立設定は、過去記事で紹介しています。

SBI証券でクレッジットカードの投信積立を設定しました 楽天証券で、楽天カードを使った投信積立の設定方法(やり方)

積立投資の結果の記事は、以上になります。

おとうふ

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です