【優待クロス】2018年1月 SBI証券 つなぎ売り(一般信用売り)おすすめ銘柄

f:id:elmer225:20180118030233j:plain

 2018年1月 SBI証券 つなぎ売りの「おすすめ銘柄」をご紹介します。

 SBI証券の優待クロスは、以下の時間からスタートになります。

  • 19日(金)19時:フライングクロス
  • 22日(月)19時:通常クロス

 以下は、1月18日(木)時点の一般信用売りの可能銘柄になります。

1月は9銘柄と大分少ない状況です。

銘柄名 売建受注枠
積水ハウス
モロゾフ
稲葉製作所 ×
シーズHD
サムコ
トーホー
東京楽天地 ×
スバル興業
東京ドーム

◎:余裕あり

▲:残りわずか

✖:受注不可

おすすめ銘柄

①シーズ・ホールディングス

海洋性コラーゲン主成分のゲル化粧品『ドクターシーラボ』を展開している、シーズ・ホールディングスです。

株主優待は自社製品(化粧品等)を貰うことが出来ます。

株価:6,090円(1月17日終値)

株数 取引金額 株主優待
200 ¥1,218,000 ¥10,000
400 ¥2,436,000 ¥20,000
600 ¥3,654,000 ¥30,000

・200株(10,000円相当)

 

・400株(20,000円相当)

・600株(30,000円相当)

女性にとっては、使い勝手の良い株主優待になるのではないでしょうか。

男性にとっては、女性にプレゼントかヤフオク等で売却になると思います。

ご参考までに、株主優待のヤフオク等での売却価値です。

株数 取引金額 優待売却価値
200 ¥1,218,000 ¥5,500
400 ¥2,436,000 ¥8,000
600 ¥3,654,000 ¥13,000

 

②東京ドーム

 巨人軍本拠地のドーム球場や、遊園地、ホテル等含む東京ドームシティを展開している東京ドームです。

株主優待は、以下の2点です。

  • 自社500円優待券
  • 自社株主優待得10チケット

自社500円優待券は、ラクーアや東京ドームシティで使用可能みたいです。

自社株主優待得10チケットは、ポイントを貰えて、東京ドームの経営する各施設で利用することが出来ます。

利用ポイントの一例ですが、

アソボーノ1日フリーパス:4PT

東京ドームホテルランチビュッフェ:10PT

アトラクションワンデーパスポート:10PT

ラクーア入館料:7PT

その他対象施設は、下記からご確認下さい。

得10チケット利用対象施設必要ポイント一覧

 

 株価:1,133円(1月17日終値)

株数 取引金額 500円券 ポイント
500 ¥566,500 ¥3,000 10
2,000 ¥2,266,000 ¥3,000 20
5,000 ¥5,665,000 ¥6,000 20
10,000 ¥11,330,000 ¥12,000 30
30,000 ¥33,990,000 ¥15,000 30

 ※野球株主証は、3年以上継続保有が必要のため、ここでは書きません。

ヤフオク等での売却価値です。

株数 取引金額 優待売却価値
500 ¥566,500 ¥5,000
2,000 ¥2,266,000 ¥7,500
5,000 ¥5,665,000 ¥10,000
10,000 ¥11,330,000 ¥17,500
30,000 ¥33,990,000 ¥19,500

500株が一番優待利回りが高いですね。

 

その他銘柄では、

錦糸町へのアクセスが良い方なら映画券の東京楽天地

権利付き最終日付近まで残っていたら、QUOカード1,000円のサムコ

等がオススメでしょうか。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

こちらから、株主優待の人気ブログが見れます。 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です