1級ファイナンシャルプランナーの副収入と節約

金融機関に勤めるサラリーマンです。株主優待、優待クロス、ふるさと納税、マイル等について発信していきます。

つなぎ売りの失敗例を5つ紹介!

f:id:elmer225:20180426205258j:plain

つなぎ売りで、これまで失敗した例を紹介します。

バカだな~と思われるような失敗ばかりですので、皆さんはやらないようにご注意ください。

 

 

1.買い注文を入れたか

2月銘柄のイオン北海道ですが、楽天証券で一般信用の売りの枠が取れた際、その後買い注文を入力するのを忘れていました。

それも、気づいたのは、現渡をしようと思ったとき、現渡す株が無かったというタイミングです。

幸い、権利落ち日の株価が、売り建てた価格と変わらなかったので損なく終わりましたが、株主優待も貰えず、ただ一般信用の売りをやっていただけになっておりました。

せっかく、19時の争奪戦で取得した「イオン北海道」だったのに・・・ 

※妻の口座は「イオン北海道」をクロス出来たので、まだ良かったです。

2.注文の株数はあっているか

アダストリアで200株クロスするところを、100株でクロスしてしまいました。

アダストリアの株主優待は、自社商品券を以下の株数に応じて貰えます。

  • 100株:3,000円
  • 200株:5,000円

手数料の事を考えると、200株取得の方が効率が良いのですが、3月で100株をクロスする銘柄が多かったこともあり、注文の際誤って100株でクロスしてしまっていました。

100株確保の後に、誤りに気付いたのですが、既にアダストリアの在庫はゼロになっていました。

クロス期日の最終日も近かったこともあり、翌日クロス出来るとは限らないため、泣く泣くそのまま100株でクロスをしました。

 19時の争奪戦の際、発注する銘柄数が多い場合は、狙う銘柄と株数を紙に書く等して、間違わないようにしないといけませんね。

3.特定口座の注文か

 楽天証券で、ゴルフダイジェストをクロスした時の話です。

一般信用の売り初日、19時のタイミングで焦って注文していたこともあり、ゴルフダイジェストの一般信用の売りを「特定口座」ではなく、「一般口座」で発注していました。

※誤って、一般口座の所にチェックを入れてしまったんだと思います。

その後、現物の買いは、「特定口座」でクロスしています。

権利落ちしたので、現渡注文をしようとすると発注出来ませんでした。

調べてみると、信用建玉(一般口座)に対して、現物株(一般口座)の現渡は出来るが、現物株(特定口座)の現渡は出来ないとのことでした。

※信用建玉(特定口座)に対しては、現物株(一般口座、特定口座)両方とも現渡が出来ます。

詳しくは、楽天証券の下のリンクをご覧ください。

現引・現渡をする時の注意点はありますか?|よくある質問|楽天証券

f:id:elmer225:20180426075926p:plain

仕方がないので、泣く泣く、両方とも成り行きで注文を出し、売買手数料が余計にかかりました。

 

ここからは、まだやってはいませんが、今後ミスしそうなものを載せておきます。

4.信用の買い注文を現引きしたか

 手数料を節約するために、買い注文を信用取引にして、寄り付き後に現引をすることが多いです。

日中働いているので、昼休みに現引きしなくてはいけませんが、毎回忘れないかドキドキします。

SBI証券であれば、ミスをしても金利が1~3日分追加されるだけなので、まだましです。

しかし、楽天証券の「いちにち信用」でミスをした場合、オペレーター経由の手数料が適用されるので恐怖です。

下の画像は、「いちにち信用」の概要です。

f:id:elmer225:20180426082130p:plain

上記画像の「いちにち信用」の概要に、当日中に返済されない建玉は翌営業日に強制決済され、オペレーター経由の手数料が適用されると書いてあります。

下は、楽天証券のオペレーター経由の手数料です。

f:id:elmer225:20180426080753p:plain

この金額が適用されたら、一発で優待の利益分吹っ飛びますね。

3月のように、銘柄数が多いときは特に注意です。

私の場合、信用取引の買い注文を入れたときは、翌日の携帯電話のカレンダーに現引と入力し、お昼休みにアラートが鳴る様に設定しています。

お陰で、今のところミスはないですが、いずれやるだろうなと思っています。

5.現渡の忘れ

これもいずれやりそうだなと思っています。

特に、3月とかは「つなぎ売り」を張り切ってやっているので大丈夫ですが、クロスする銘柄数が少ない月などは、ついつい忘れてしまいそうですよね。

「つなぎ売り」初日にクロスした銘柄を現渡し忘れた場合は、

  • SBI証券:反対売買の手数料
  • 楽天証券:オペレーターの手数料

と、結構痛いペナルティーが待っています。

SBI証券は、ネットの手数料が適用されますが、楽天証券のオペレーター手数料は破壊力が凄まじいです。

私の場合、必ず権利落ち日前日の夜に、現渡注文を済ませることにしています。

以上で、「つなぎ売り」の失敗例の掲載は終わりますが、これからも色々とミスをすると思うので、その都度記事を更新していきます。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございます。

こちらから人気の株主優待のブログが見れます!

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ